01.【唯我 Independence】 


ただ "私" である。

それがすべての答え。

  

自分を満たすため、守るための

あらゆるすべてから手を放したとき

"私"に出会う。

 

私には必要とするものは何一つなかったのだ。

 

満たす必要はなかったのだ。

達成する必要も、改善する必要もない。

物も、環境も、他人も、状況も、出来事も、

自分の体も、知識や技術も、

何より大切にしてきたものも、

それは私という存在そのものではない。

 

私は源。

私はすべて。

 

2010.1.1 大町(及び穂高神社)にて