16.【夏田 Eternity into the Ordinary】


"私"はあたりまえに普遍にここにいる。

何があっても黙って永遠に寄り添い、離れることなどありえない。

ありふれた日常、あたりまえの感覚の中での気づき。

日常のドラマに巻き込まれずに、日常のドラマと共にいること。

 

夏至の時刻。水田のあぜ道にて。

 

2012.6.21 白馬村三日市場水田にて 夏至

 

 

      こ