19.【確歩 Step by Step】

 

一歩、一歩。

いつも路上にあり。

その路上こそを楽しめ。

 

 

”私” はいつもここにいて、ゴールや頂上にいるのではない。

 

2012.9.22 三俣蓮華岳中腹にて 秋分