【水眼】(すいが)

 

その力ある眼で幻想を見抜き、それを破り新たなる境地を見出していけ。

 

 

社会の中で自分を現し、この世の中を進んでいくとき。

源から生きる揺るがない自分の遂行を助け、さらにその自分と周りとの調和を整えます。

 

<使い方の例>

・自分の真実を貫き遂行する助けに

・身につけることで、自分と周りとの調和をとり道を開く

・自分にそぐわなくなった自らの反応パターンにぶつかったとき、その解放を意図して使う

など