【花神】(かしん)

 

この世の中で自ら花と咲き、枯れ木に花を咲かせる"花神"となれ。

 

 

社会の中で、自分に沸き起こるあらゆる反応からニュートラルである平和な視点に立ち、

私はどう咲きたいのか、その咲きたい自分を花開かせていく。

 

<使い方の例>

・自分は今どう生きたいのか、真の望みは何かを思い出すために

・人との駆け引きや状況の渦に陥りそうなとき、自分はどう在りたいのか、本当はどうしたいのかを自ら問いかけながら使う

など