レイエッセンスの使い方

 

レイエッセンスの使い方は様々に考えられます。

どんな使い方であれ、そのエッセンスに触れるそのエッセンスに意識を合わせることであなたと共鳴します。

どうぞ自由に使っていただくことをお勧めします。

日常的にレイエッセンスに触れることは、自然と共鳴を誘います。

 

いくつかの例として、たとえばこんな使い方があります。

 

 

<ボトルから滴下する>

ボトルから振り出し滴下して使います。

 

まだビンに空洞が少ないうち、最初は出にくいことがあります。何度か振ってください。(ボトルの仕様について)

         

 

・掌の真ん中に3滴落とし、両手に馴染ませる。

 

最も基本的な使い方として、エッセンスを手にとることをお勧めします。 

 

さらに、そのまましばらくリラックスしたり、その手のひらで体の周りの空間をなでたりかざしたりして、自分に意識を向ける時間をとってみることもお勧めします。

 

さらに、その手で体に触れたり、対象にかざしたり、創作活動をしたり、瞑想やヨガなどのワークのときにもお勧めします。

 

そのエッセンスとワークしていくときには、例えば朝晩毎日1〜2週間など、ある期間続けて使っていくことが効果的です。

 

 

・スプレー容器に水を入れ、そこに数滴入れて、その場や身の回りの空間に噴霧する

 

スプレー容器に滴下することでより使い方が広がります。

 

・土地や部屋などに滴下する

 

いろいろなところ、いろいろなものに滴下することで、さらにエッセンスの働きを広げていくことができます。

 

・エッセンスを滴下した水で、普段使う物を洗う

 

日常的によく使うもの、ハンカチ、財布のコインなど。

あるいは身につけるもの、衣類、帽子など。

どんなものにでも滴下したり、滴下した水で洗ったりすることで、自然にワークになります。

 

   

※レイエッセンスは食品としての製造はされておりませんので、経口のお勧めはしておりません。

 

 

 【スポイトキャップ】

 

ビンから振り出さずスポイト付きキャップを使うことで、さらに丁寧な滴下の使い方ができます。(別売)

 

一般的なフラワーエッセンスの使い方に慣れている方などには、スポイトキャップをお勧めします。

  

 

【献滴台】

 

エッセンスを置くための特別なエリアをつくると、より意識が高まります。

 

飾り台と小皿を用意し、毎日手のひらに滴下して使うときにあわせて、この部屋や家に広げる、あるいはこのために使う、などご自身の意図を持って小皿に滴下します。(献滴台について)

 

その場所に滴下せずとも、その意図を持って小皿に滴下することで同じ働きかけができます。

なにより、エッセンスを滴下するという行為がそのエッセンスに意識をあわせる機会となります。(使い方例)

 

 

<ボトルを置く>

ボトルをそこに置くことで場に働きかけます。

 

さらにそこに意識を向ける時間をとることだけでも、レイエッセンスとのワークになります。

 

風水の使い方を応用してみるのもいいでしょう。

 

 

 

・ボトルを机の上、飾り棚、用意した場所などに置く

 

部屋の目につくところにボトルを置きます。ボトルを置く特別な場所を作ると意識がさらに高まります。

 

あるいは部屋の外周に配置するなども効果的です。

 

・ボトルを手に持つ、寝ころんで体に置く

 

自らに意識を向けるワーク(瞑想、ヨガなど)やヒーリング(整体、エネルギーワークなど)のとき、ボトルをまわりに置く、手に持つ、体に置く、など

 

 

【ミラープレート】

 

 

レイエッセンスのボトルを、鏡のプレートの上に置くことで、エッセンスの効果をさらに高めます。

 

 

これは特にレイエッセンスが提唱するオリジナルな使い方です。

 

 今使っている1本、あるいは複数本をミラープレートに置きます。

よりエッセンスがアクティブに働きます。

 

ミラープレートを棚などにおいて、そこに今ワークをしているエッセンスを置いておくといいでしょう。

 

あるいはその場にふさわしいものを選び、ミラープレートに置くことでその場に働きかけることもできます。

 

※ミラープレートを使用していないときは、しまっておくか、裏返しに伏せておきましょう。

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ボトルを光にかざす>

これもレイエッセンスならではのとても効果的な使い方です。

 

ボトルを透過した光を浴びます。

 

太陽や月の光の入る窓辺に置くのもいいでしょう。

透過してくる光を部屋に広げます。 

 

  

・ボトルを朝日にかざして、その光を額(ひたい)に受ける。

 

・ボトルを光源の前に置き、その光を全身に浴びる

 

 

ボトルを通って来る光に意識をむけたり、それを浴びることで、とても効果的なワークになります。

 

 

<エッセンスを身につける>

 

何かの形でエッセンスを身につけること。

 

例えば写真のように、小さなペンダントボトルにエッセンスを入れて首から提げるなど。

その他、滴下した布を身につける、など、エッセンスを身につけることも有効です。