【内なる子供へのクリスマスプレゼント】

 

あなたがわくわくするあなたを思い出すために。

 

 

 

光の道を歩く者達への贈り物。

自分の中にある喜びを呼び覚ます。

あなたの内なる子供へ届けるプレゼント。

 

わくわくとはこれだったよね。

これより大切なものなどあったっけ。

プレゼントの包みを開けるときのように

一人一人違うわくわくをひも解く。

 

あなたがわくわくすることを思い出すために。

そして思い出したら。

ためらわずそれを生きなさい。

 

 

<キーワード>わくわくの目覚め

愛する内なる子供の幸福

一人一人の内なる子供に喜びの点火をする

わくわくを揺り動かしてくれるもの

クリスマスプレゼントの包みを開けるとき

 


レイエッセンスの中でも、ギフトとして特別に現れた1本です。

今世界にとても重要なエッセンスの1つ。

どうぞたくさんの方の元に届きますように。

 

<エッセンス誕生の経緯>

 

レイエッセンスはいつでも作り手の意図を遙かに超えたものになります。

それぞれのエッセンスの生まれ方は実に様々ですが、いくつかのエッセンスは突然もたらされる私たちへのギフトのような現れ方をするものがあり、このエッセンスはそんなギフトとして受け取った最初のエッセンスでした。

 

それは2015年のクリスマス・イブのことでした。

なにげなく開けたオフィスの引き出しの奥から、もう無くなってしまったと思っていたものがふいに出てきたときから始まりました。

それは聖母マリアの啓示で作られたという"不思議のメダイ(奇跡のメダル)" です。

2010年、フランスのモン・サン・ミッシェルにて2本目のレイ・エッセンスとなる「在我」を受け取ったその旅行でのこと。その前後二度にわたり訪れたパリのChapelle Notre-Dame de la Médaille Miraculeuse (不思議のメダイ聖母教会) からいただいてきたものです。

このメダルは、疫病が蔓延したとき多くの人を助けたことから「奇跡のメダル」と呼ばれています。

帰国してから出会う人に渡し続けてそれらは全て配り終えて無くなったと思っていたのですが、それが引き出しの奥に1枚だけ残っていたのです。

クリスマス・イヴに。このメダルが現れたとき、急に聖母マリアを強く感じるのと同時に、翌日満月の時刻にこのオフィスに迎えるのだということ、そして新しいレイエッセンスが生まれるということを知りました。

 

満月の夜、部屋はとても不思議な感覚に満ちていました。

聖母マリアが部屋にいるのか、聖母マリアの中にこの部屋があるのか、それとも私の中に聖母マリアがいるのか、すべては捉えどころのない、しかしすべては大きな平和にありました。

そんな中で、

 "さあ、どんなエッセンスが欲しいのですか?"

 といつのまにか問われ続けているような、そしてそれに答えようとしている私に気がつきました。

 

そのとき私はクリスマスプレゼントと子供達のことを思いました。

クリスマスの朝、世界中の子供たちがプレゼントを見つけたときの情景が浮かんでいました。

ある子はわくわくしながら飛びつき、ある子はなんだろうと興味深々に、ある子は周りを気にしながら恐る恐る近づき。でもその情景はすべてが愛しく。それぞれみんな自分へ届けられたプレゼントの包みを開けるときの、そのほんとうに純粋な眼差しが愛しい。そんな子供達の笑顔が私の心からの望みでした。

「一人一人の中にいる子供達へ届けるクリスマスプレゼントをいただきます」

私は迷いなくそう答えました。

一人一人の内なる子供に喜びの点火をするもの。それを望む一人一人に自らのわくわくを揺り動かしてくれる、サンタクロースが届けるようなクリスマスプレゼント。

光の道を歩き始めても、いつのまにか「しなければいけないこと」に傾いていきがちな多くの人に、その内なる子供達に直接届けたいと思ったのです。

そうしてできたのがこのエッセンスです。

こんな問われて授かるような受け取り方をしたエッセンスは初めてでした。

 

そして、このエッセンスを使う人を通して、目に見えないそのプレゼントはそのまわりの人たちにも届けられます。

プレゼントを受けとるのと同時に、自らがプレゼントを伝えるサンタクロースになるように、その共鳴が広がっていきます。

たくさんの人たちに向けて送られた聖なるギフト。

どうぞこの素晴らしいクリスマスプレゼントが世界中のみなさんに届きますように。

 


レイエッセンスの取扱い販売店はこちらです

 
※販売店の未入荷・品切れ等でご購入できない場合はこちらまでお問い合わせください。